愛知県/春日井市/厨房用フード/ウェザーカバー/給排気/空調工事/ステンレス加工

株式会社 大野ステンレス工業

>事業案内

ご挨拶

当社はステンレス製品の加工・冷暖房・給排気の板金加工を行っています。空調工事等も対応しております。

現場の高い技術力でお客様からのご要望にお応え致します。

ご満足して頂けるよう、全社一丸となって努力を致しております。

何卒、ご指導ご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。


代表取締役 大野 俊一


会社概要

当社は1973年創業、当初はホーロー製の外壁の加工を行っておりました。
ホーローの加工には、高度な溶接技術が必要であり、その技術を蓄積することで現在の精密板金加工技術の礎を築くことが出来ました。
1989年に法人化、現在はステンレス製の大型業務用フードやウェザーカバー(換気・排気などのダクトの先端の外壁部分に取り付ける屋外カバー)・ダクト等の製造を主としており、当社のステンレス加工技術はお客様から高く評価されております。
当社は「モノづくりの原点を忘れず、プロ意識を持って各々の役割を果たすことで、お客様とともに成長し続ける」を経営理念に掲げ、最新設備の導入と社員の技能教育に積極的に取り組んでおります。


技能教育への取組み

当社は従業員の技能教育にも力を注いでおります。
特に技能資格者がモノづくりに関わることでお客様に安心して頂けるように教育訓練は毎年実施しており、資格取得も奨励しています。資格については、板金加工に関わるものに限定せず、モチベーション向上に繋がるものであれば何でも良いという姿勢で奨励しています。

現状従業員が保有している資格です。
○2級管工事 ○玉掛け ○高所作業者(10m以上) ○安全管理 ○フォークリフト

技術の特長

技術の特長1

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

工場内の主要機械をネットワーク化し、常にリアルタイム生産を実現しております。
この結果作業の効率化はもちろん、人的ミスも回避しております。
これらの生産体系が、お客さまへ高品質でありながら低価格な製品をお届けすることを可能にしています。

プログラム工程

2次元と3次元の自動プログラミング装置(CAD・CAM)により展開図を作成して歩留まりの良い割付を行いブランク工程に繋げています。

ブランク工程

アマダ製のレーザー加工機(LC2415αⅣNT)をフルに稼動して生産を行っています。

曲げ工程

曲げ工程ではアマダ製のネットワーク曲げ加工機(FBD1030NT)で生産を行っています。
職人による正確で美しい製品を製作しています。

溶接工程

6軸多関節ロボットを持つファイバーレーザ溶接機(FLW2000)を活用してステンレス溶接で気密性の高いなめらかな溶接を行っています。
また、現場では高い技術力を持った職人が丁寧な溶接作業を行っています。

バリ取り・仕上工程

最終工程であるバリ取りや仕上の作業についても現場では丁寧に対応しております。